中華ガジェットレビューの部屋

中華スマホやタブレット、オーディオ機器など激安ガジェットのレビュー

2万円以下と安いけどで高性能なロボット掃除機ILIFE V5S Proのレビュー

   

もっと早く買えばよかった・・・

数年に一度はこういう種類の買い物があって「人間、欲しいと思ったときが買い時」であることを改めて実感するわけですが、今回ゲットしたロボット掃除機ILIFE V5S Proはまさにそういう商品だ。

これは一度使ったら手放せない。
ロボット掃除機の便利さを知らないのはある意味不幸であり、ある意味幸せであるともいえる、それくらい便利(笑)

ロボット掃除機といえば最も有名なのはルンバですよね~
しかしルンバは高い。4,5万円くらいする。いくら便利だと言ってもたかだか掃除機に4万円も出すのはどうかとは思う。

しかし日本で1万円くらいで売っている激安なロボット掃除機は「ただ動き回って掃除するだけ」なのでちょっと面白みがない。安いロボット掃除機だけど、もうちょっと高機能でというナイスなポジションに居るのが2万円以下くらいのちょっと高機能なやつなのです。

電池がなくなったら自動で充電器に戻って充電している姿を見ると「なにこの可愛いヤツ」ってなりますよ。ロボット掃除機のためにバリアフリーの部屋に引っ越したくなるレベル(笑)

そんな、ロボット掃除機ILIFE-V5S-Proのレビューです

ついに届きました安いけどデキる子ILIFE-V5S-Pro

マトリョーシカのように何重にも包まれた箱を開けると・・・

こちらがロボット掃除機ILIFE-V5S-Proだ!

僕の持論は中華プロダクツを見るときはプラスチックの品質を見ればだいたいレベルが分かるというものですが、ILIFE-V5S-Proはなかなかの品質とお見受けしました(笑)

安っぽさもなく仕上げもいいのでしっかりと作られている製品だとわかります。

側面

中央が割れているのは加工が悪いわけではなく、前方がバンバーになってて掃除中にものとぶつかった際にセンサーで感知しつつショックを和らげるようになっているのです。

ちなみに稼働中に壁に近づくとちゃんと減速もします

簡易スタートアップマニュアルは日本語ページもあります。
英語がわからなくても安心、と言いたいところですが、タイマーなどの細かい設定は英語マニュアルしかありません。

ACアダプタと充電スポット。
電源は日本のコンセントと同じ形なので購入したらそのまま使えます。

ちなみに香港の我が家は形状が違ってて無念・・・

リモコン

本体のON/OFFのほか、タイマーの設定の設定や動作の制御が可能です

付属品

ILIFE-V5S-Proは床の拭き掃除も出来るモデルなので予備のモップと集塵ブラシ、フィルター掃除用の刷毛

予備のフィルターが2つもついてる

水拭き時に使うウォータータンク

こちらが水拭き用のモップ

と、安いのになかなか盛り沢山な内容となっています

ILIFE-V5S-Proの使い方

使い方といっても基本的に難しいことはありません。

前方に1~2mの空間が取れるところに充電器を設置。
ホントは壁際が良いのですが、狭い我が家にはナイスな壁際がないので自転車の隣に設置

本体の電源を入れます。

ポイントは充電する前に電源をいれること。電源が入っていないと充電自体できないので要注意です。

この向きに置けば充電開始。

充電中はCLEANの両隣にあるLEDが点滅し、充電が終わると自動的に消えます。

で、1時間ほど走らせてみたのですが・・・

我が家メチャ汚いやんけ!
いや10日くらい前に掃除のおばさんに来てもらったばかりなのに、こんなに汚いのか・・・

僕は今まで2~3週間に一度くらい掃除すればいいやという考えだったのですが、この汚さを見たらなんというかもうね。

ゴミを取り終わったら水拭きも可能

写真でも分かる通り我が家はタイル張りの床なので水拭きは必須といえます

裏面にモップを取り付けて

ゴミタンクをウォータータンクと取り替えて水を入れます。

このあとはタンクからちょっとずつ水を出しながら動き回り床を拭いてくれます。水は少しずつしか出ないようになっているので床がビシャビシャになったりはしません。

段差や障害物があると掃除できないんじゃないの?

僕が最初に心配していたのは家の中に段差や障害物があるとうまく掃除できないんじゃないかということです。

結論から言うと、全くその通りです

ILIFE-V5S-ProはAI搭載なので段差に引っかかったことを感知すれば前後にガタガタ動くなど段差から自動的に脱出しようと試みたりはしますし、障害物も上手に避けて動いたりもします。

この辺は1万円程度の安いロボット掃除機とは機能が違いますが、それでもやっぱり人間のようにうまく働いてくれたりはしません。

じゃ、ダメじゃんって思うじゃないですか?

僕も買う前はそう思っていたのですが、実際は人間のほうが妥協すれば良いのです。いや、ロボット掃除機が家の中を動き回っている様子を見たら、もう、自分から動きやすい環境を整えたくなります。マジで。

僕なんて段差にテープを張って乗り越えやすくしたり、障害物は積極的に片付けたり、今ではロボット掃除機の奴隷のようです。だがそれが良い。

だってちょっと環境を整えれやれば、毎日ほんとに部屋をきれいにしてくれますから♪

これは生活を豊かにしてくれるお掃除ロボットだ!

いやね~
僕は香港で一人暮らしで部屋もそんなに汚れないし2~3週間に一度は掃除のおばさんに来てもらっているので、ロボット掃除機なんていらないと思ってたんですよ。

でもですね、一度使ったらこの快適さは手放せない!

家電というのはそもそも生活を豊かにしてくれるものだと思うのですが、ロボット掃除機があるのと無いのでは生活の豊かさが格段に違います。これはそういう種類の道具。

たとえばですね。
ロボット掃除機がないときは、僕は2~3週間に一度しか掃除をしていなかったわけですが、これだと1週間目以降はだんだん部屋が汚くなっているのが目に見えてわかります。

かといって数日に一度掃除を頼むのはお金もかかるので嫌だし・・・
それに自分でしょっちゅう掃除するのはもっと嫌!

こうなってくると、ある程度お金を節約しつつ、部屋が汚いのはある程度我慢しつつ、みたいな生活になるわけですが、ロボット掃除機があれば労せずして毎日部屋がピカピカになります♪

香港で1回掃除を頼むと3,000円くらいかかるので数回で元が取れるというわけですね!

この「豊か感」は使ってみないと実感できないのですが、便利ってのはこういうことかと納得出来ると思います。

 - 家電